Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | MEMS - NEMS

MEMS の前進に焦点を合わせるべき MEMS の管理議会 2012 年

Published on August 16, 2012 at 3:41 AM

G.P. 著トマス

MEMS の業界団体 (MIG)、 MEMS の技術で対処している 150 人の会社から成り立つ連合は相互に作用し、 MEMS の商業化についての考えを交換するために多様な企業からのリーダーをひとつにまとめる MEMS 管理議会 2012 年を催します。

2012 年の議会はスコッツデール、 11 月 7 日からの 8. へのアリゾナの Westin Kierland のリゾート及び鉱泉で保持されることになっています。 関係者は MEMS の革新的なアプリケーションに洞察力を得、最もよい MEMS 可能にされた製品で投票します。 家電連合のショーン G. DuBravac、経済学者そして先輩の研究責任者は調整器として行動し、また選択された勝者に名誉を与えます。

未来は向き、 MEMS 工業の潜在成長力はまた特定の MEMS の市場区分に影響を与える要因で詳しく説明する市場調査会社からのアナリストによって示されます。 議会の基調演説者は弾薬のパートナーを創設しているテキサス・インスツルメントおよびロバート Brunner に Ajith Amerasekera、 Kilby の実験室からの IEEE およびチタニウム仲間です。 Ajith Amerasekera は交通機関、健康、機密保護、建物および生活から成り立つ私達の生命のさまざまな球の immersive 情報処理機能をもったシステムの影響について話します。

ロバート Brunner は消費者経験とブランド・アイデンティティがロゴにただ制限されないが、共有しましたりまた製品の方の消費者側の感情的な親和性を含みます製品設計間の相互接続を強調するために製品設計の彼の専門知識を。 また消費者製品への MEMS の浸透、特に電子工学、医学、 therapeutics および個人的な適性の影響そして利点を論議する他のパネルがあります。 別のパネルはまた MEMS の技術で先行きを論議します。

ソース: http://www.memsindustrygroup.org/

Last Update: 12. December 2013 16:50

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit