Site Sponsors
  • Technical Sales Solutions - 5% off any SEM, TEM, FIB or Dual Beam
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

There is 1 related live offer.

5% Off SEM, TEM, FIB or Dual Beam

Graphene の新しい陽極物質的なヘルプは強力な密度李イオン電池を発達させます

Published on August 22, 2012 at 8:17 AM

意志 Soutter によって

Rensselaer の工芸学校の研究者はかなりのエネルギー密度の損失なしでレートの現在の再充電可能なリチウムイオン電池で利用されるより従来のグラファイトの陽極で有料そして 10 倍に速く (Li)抜染性である新しい graphene の陽極材料を作成しました。

写真熱によって減らされる graphene の横断面の SEM の画像は拡大された構造を示します。 graphene シートは相互接続されたネットワークと離れて間隔をあけられリチウムイオン電池の効率的な高速パフォーマンスのより大きい電解物の wetting そしてリチウムイオンアクセスを可能にします。

再充電可能な李イオン電池に充満および排出のレートに影響を与える低い電力の密度があります。 Nikhil Koratkar によって先頭に立たれた Rensselaer の調査チームはエネルギーのより多くの量を保存することができるこの問題を解決し、新しい電池を発達させたいと思い、速く満たし、排出を可能にします。 従ってこの開発は高エネルギー、強力な李イオン電池が付いているだけ電気自動車を実行する道を開きまそれらの李イオン電池そして supercapacitors の複雑な統合のための条件を除去します。

Graphene の陽極材料を作成するためには、調査チームは知られていた技術を使用して最初に大きい graphene の酸化物のペーパーシートを作成しました。 正常なプリンターペーパーの厚さのこの graphene のペーパーはほとんど形かサイズで作り出すことができます。 これらの graphene の酸化物のペーパーの一部はデジタルカメラのフラッシュ -- にそれからさらされ、他のサンプルはレーザー -- にさらされました。 いずれの場合も、フラッシュランプから生成された熱かレーザーは無数ボイドよる、ペーパーを渡るミニ爆発をすべて気孔、ひびおよび他を作成する graphene の酸化物の酸素原子のリリースに傷誘発しました。graphene のペーパーの厚さはまた酸素原子のリリースによる圧力の集結のために 5 つのフォールドに高められました。 従って、個々の graphene の間で作成される大きいボイドは広がります。

調査チームはすぐにこの欠陥設計された graphene のペーパーがよりよく行えたことを検出しま従ってペーパーで作成される気孔およびひびとして李イオン電池の陽極がリチウムイオンが graphene シートの長さを渡ってすぐに横断するようにするので電池の全面的な出力密度を増加し、より速く満たし、排出を可能にします。 チームは 1,000 の料金に/サイクルを排出しなさい後でさえもよく行った graphene の陽極材料の強さを示しました。 graphene シートの高い電気伝導率によりまた強力なアプリケーションのための重要な面である陽極で有効な電子交通機関を引き起こしました。

研究者の」次のステップは完全な電池を構築するために優秀力の陰極材料が付いている graphene の陽極材料をつなぐことです。

ソース: http://www.rpi.edu

Last Update: 22. August 2012 09:45

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit