Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

Nano 専有および Mitsui CNT フィールド放出技術の排他的な取り引きを発表して下さい

Published on March 7, 2007 at 1:59 PM

日本ベースの Mitsui 及び Co.、株式会社が Mitsui が会社 (ANI)に NPI に代わって皇族ベアリングライセンスを伸ばすようにする排他的なオプションを購入したことを Nano 専有、 Inc. は、子会社によって、 Applied Nanotech、 LCDs のためのバックライトのような照明装置の製造のための NPI のカーボン冷たい陰極の知的財産の使用を可能にする日本で発表された Inc. 本部に置きました。 このオプションはスコープで可視スペクトルでつくことにだけ適用し、装置が電子表示でピクセル要素として使用されるようにする領域に伸びないと同時に限定されます。 地理的な限定はまた一致のスコープを支配します。

「これは NPI のためのエキサイティングな関係です」、トムの珠玉、 NPI の CEO を言いました。 「私達は最終的な概念実証を開発してもらい、 Mitsui に製造業があり、認可および試験ライン構築プロセスのサポートによって商業導入の方のこれらの技術を移動するために流通経路は連絡します。 LCDs は近い未来の支配的な表示装置であり続ける行っています。 私はバックライトの費用が表示の総額の 30-38% であり、私達がすべてあるバックライトの技術からの潜在的な環境影響について読んだことを企業が推定することを見ました; 明らかに機会は導入されるべき分裂的な技術のためにあり、製造業者が構築で水銀を」。使用しない解決を捜すと同時に巨大な企業に成長できます

Zvi Yaniv、子会社の Applied Nanotech、追加される Inc. の CEO は入力した 「ナノテクノロジーのアプリケーションの一流の会社として Mitsui が私達との一致に事実更に合法化します照明および表示工業の私達の CNT フィールド放出技術そして潜在的影響を」。

Mitsui と交渉されるタームの下で販売に基づいて率直な支払および進行中の皇族を含んでいるライセンスのためのあらかじめ定義されたフレームワークは定義されました。 これは各々の潜在的な特許権者との交渉に必要な時間を減らします。

Mitsui に、増大料金のレベルで、さまざまな拡張権利がライセンスを許可する権利を維持するあります。

潜在的な製造業者との最初の技術的な議論は NPI のオースティンの TX の研究所の 3 月の間スケジュールされます。

Last Update: 17. January 2012 03:47

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit