Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanomedicine | Nanobusiness

応用ナノテクは研究契約を拡大

Published on October 8, 2008 at 10:16 AM

応用ナノテクホールディングス株式会社は本日、2008年9月29日に発表した日本有数の工業化学品会社、、との研究プロジェクトの第3相が展開されており、70万ドル以前に発表した資金調達がで$ 120万に増加したことを発表しました。銅inkjettableインクと製品導入のプロトタイピングを加速するために、今後12ヶ月間。また、締約国は、アプリケーションを拡張する2009年10月に開始する、少なくとも同じ大きさのプロジェクトの4番目のフェーズを、期待しています。

さらに、企業は企業間の現在の研究契約に定めるパラメータ内で応用ナノテクの銅インク技術の世界的独占ライセンスを完成させるために交渉に入ることに合意した。これらのパラメータは、最大で2.0百万ドルの前払い金と銅インク製品の売上高は4%のランニングロイヤルティの率が含まれています。当事者は、遅くとも2009年4月15日より使用許諾契約を確定しないと、実行することに合意した。期間中はそれまで、両当事者は、R&D提携の結果に基づいて、英語と日本語の両方で起草された包括的なグローバルライセンス契約を策定する。

"私は50万ドルで、このプログラムのほとんど即時の拡大は、先週の発表のすぐ後に続くと信じて、ライセンスのための全体的な条件のための重要な契約と併せて、当社の顧客の心の中にこのアプリケーションの深刻さを示しています。印刷可能なインクはこのパートナーだけでなく、2つの追加のフェーズ我々が進められていることを私は研究で、電子機器とANIの多種多様なこれらの開発の最前線にあるの製造プロセスを再定義すること、"トムビジョウ、会長兼最高経営責任者(CEO)は述べて応用ナノテクホールディングス株式会社

Last Update: 3. October 2011 16:12

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit