Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanobusiness

マルバーンは、新生OPCアナライザのデバイス統合ワーキンググループに参加

Published on October 22, 2008 at 12:56 PM

マルバーンは、新しく形成されたOPCアナライザのデバイス統合ワーキンググループへの参加を発表しています。グループは、データ交換のための一般的な方法とプロセスと実験室の分析装置のためのアナライザのデータモデルを開発するために構成されています。それはOPC Foundationのオープンスタンダードを経由して自動で相互運用性を確保することを目的とする機関の関心のあるメンバーで構成されています。

楽器メーカーや分析機器の産業の両方のユーザーが現在構成されるワーキンググループで表されます:、アボット、ARLAフーズグローバルIT、BRLコンサルティング、CAS、グラクソスミスクライン、Malvernのプロセスシステム、メトラートレドAutochem、(株)、OPC FoundationのABB。ファイザー社、シーメンスのnv、ソフトウェアツール、(株)、およびUmetrics。

オリバーシュミット、マルバーンのプロセスシステムのためのビジネスラインマネージャは、すべての関係者との密接な協力で働くことが極めて重要であると感じている。 "プロセスの最適化で現在フォーカスのある、とすることはそのようなPATは前方にアナライザの統合を押すだけの取り組みで、それは我々が別の企業からのシステムの調整と制御を実現するために必要な標準インタフェースを開発することが重要である"と彼は言った。 "今のところ標準的なソリューションはありませんが、プロセス産業でのオンライン粒度分析のリーダーとして、バーンは、その開発に積極的な役割を果たすことを楽しみにしています。"

ワーキンググループでは、アナライザのデバイスの統合(ADI)標準の基盤としてOPC - UA(統合アーキテクチャ)を採用し、互換性のあるデータモデルを定義することを目指しています。 OPC - UAは、複雑なデータ型とオブジェクトモデルをサポートするように設計されたプラットフォームに依存しない標準であることの利点があります、それは高速のデータ転送を実現し、単にプロセスの自動化を超えた広範な業界サポートしていますできます。

Last Update: 3. October 2011 09:28

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit