大学からナノテクノロジーのような技術を抜き出すこと

先生によって Thierry Bontoux

株式会社、イギリスに相談している Bontoux、創設者およびディレクター、 TBx Thierry 先生。
対応する著者: thierry.bontoux@tbx-consulting.com

企業へ技術を提供することに於いての大学および公共の研究所の役割は何ですか。 これはだれ学者がであり、もの達成するべき目的はであるか第一に私達が考慮しなければ決して一致に達しない多くの可能な答えの質問です。

学者/大学の審議のための付託事項は産業研究開発も遂行するべきではないです行った研究の産業結果も理解するありません。 それらは科学的な挑戦はであり、答えが作業提供する何だれでも、やっと作業の商業化から得ることができる短く、財政の利益に興味がある得るがよりよく確認します。 一部はが、それらの物は例外です。 大部分それらは企業家ではないです。 私がと働かせたそれらの多数はそうすることの裸の原則に対して企業を取扱う考えによって単に恐れていました、そうでなかったら。 ただし、そう言って、 1 つは米国のイギリスまたはスタンフォードのケンブリッジのまわりののような領域がそう多くの正常な開始をなぜ引き起こか疑問に思うことができます。

キャンパスである確かに大学の組合せ起こった何がそれら二つので彼らの元の会社のフォールドがもし 1 人の危険度が高い雇用者から別のものに跳ぶこと準備ができているエンジニアのプールと結合される回転出口を励まします。 しかしその第 2 コンポーネントは大学と関連付けられますか。 ない大学がよくそれらをトレインするかもしれませんという事実を越えて。 エンジニアのこの 「品種」は学者と共通して少しがあります。 両方とも一度一緒にである最も大きい産業成功が可能置く 2 つの個別のグループを構成します。 なぜか。 それらが非常に別の方法の問題に見るので。 こうして SMEs および大学の内で開発される開始および IP が技術を利用するようにする方法があります; ケンブリッジおよびスタンフォードにだけ適当ではない方法。

ほとんどの大学は IP を販売するか、または認可するためにあるプロセスを開発しましたがおよびそれらから現れる正常な回転出口の実際の番号持っているリソースの量を考慮する最も非能率的な方法でそうしました。

私の考えでは、この状態の 2 つの理由があります: 1) IP へのアクセスは学者にだけ使用できます事実上; そして 2) 技術移転のオフィスは投機の実質の知識無しで個人によってだれが企業心の現実 -- に多くの場合決してさらされなかったか経営され。 それらはなぜポストに大学缶が投機の開発の点では提供するすべての潜在性の実質の企業家とどまりますか。

解決は標準的な回転モデルへ内部か外部企業家が市場向きの技術を生成するために大学機能および資金調達を使用できるという代わり即ちであることができます漏出システム。 それは私がより多くの学者が活動化する共用 IP および収入の1 潜在的な勝利と共に危険を、取るために準備される開始するイギリスの研究に直面する挑戦でした最近の調査で共有されたら感じられ。 このアプローチがまだ大学と IP を存在する失敗したおよびそれらそれを販売するか、または誰か他の人とのそれを開発し、販売することを試みること自由でであって下さいケースで。

漏出モデルに大学および企業家両方のための多くの利点があります:

1) それは学術機関が一般に欠けているビジネス能力を持って来ます
2) それはそれらののための財政危険を投機ビジネスの彼ら自身を危険にさらすことを決定減らします。 大学はそれらに財政援助をそうでなかったらサラリー提供します; そして
3) 大学は実質の企業家に投資し、こうして潜在的で正常な投機の番号を最大化することによってコストを削減します。

世界中、大学は科学の素晴らしい理解の非常に明るい人々の完全です。 それらは効率的な技術移転システムに値しま現実の世界に考えを持って来ることをそれらまたは他が可能にします。 漏出システムは個々の能力と投下資本の支援攻撃にだけ頼るのでこれが起こるようにするべきです。


参照

1. ナノテクノロジー (nanotechnology.pdf のための http://tbx-consulting.com/images/document/UK の作戦) のためのイギリスの作戦

、版権 AZoNano.com Thierry Bontoux (株式会社に相談する TBx) 先生

Date Added: Apr 8, 2010 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 01:31

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit