商業化のためのインターフェイス規格の MEMS + 流体素子工学の製品、低価格の消耗品の焦点

マーク Tondra によって

Tondra をの診断バイオセンサー、 1712 の小川 Ave マークして下さい。 SE、ミネアポリス、 MN 55414、米国: mark@diagnosticbiosensors.com

MEMS およびケイ素と microfluidic 装置を結合することは 「チップの実験室」を作るためにセンサーを基づかせていましたまたは BioMEMS の製品は急速に成長の営利事業です。 典型的なアプリケーションはバイオセンサー、流れセンサー、 microincubators、生物反応炉および小生息区を含んでいます。 これらのハイブリッドシステムがより小さく、統合されるようになると同時に、またより安く、ふつう役立つようになります。 この肯定的な開発の弾道は新しい機会および分裂的な技術を作成するかもしれません。 ただし、技術的で、規定するを含む開発のこの領域へ挑戦が、および製造業あります。 この提示は製造業の挑戦により急速な製造業の開発および製品設計のサイクルを可能にするためにある特定のインターフェイス規格がどのように開発されるか焦点を合わせ。

新しい一組の半からの標準および他の国際的な企業の組織はこれらの商業化の必要性に対応するために開発されています。 タイトルを付けられる半投票用紙 4691
「MICROFLUIDIC 装置間の高密度常置接続のための指定」は早い 2011 年に渡され、 2011 年の終りまでに出版されるべきです。 標準はハイブリッド装置が 1 つの製造業者からガラスおよびかプラスチックから成っている薄板にされた microfluidic カードを含むかもしれないおよび別のものからのケイ素または半導体チップと仮定します。 製品デザイナーは第 3 会社からあり、構成デザインのすべての面を制御しません。

この新しい半標準は一組の他のコンポーネントが付いている製品の流体および電気インターフェイスを記述するために製造業者が製品のデータ用紙に含まなければならない指定のための詳しい条件をのような提供します: 意図されていた密封方法、ポートのサイズ (内径)、ポート続けてまたはアレイのポートの間隔、ポートの位置、番号、流れの経路の物理アラインメント機能および物質的な構成。 それはまた業界標準になることができる特定のポート間隔および次元のあるセットを提供します。 1 つの重点は全体のアーキテクチャが次元でスケーラブル上向きそして下りであることの保障にです。 標準開発プロセスの選挙区民、本質的に製造業者は、記述されます。

標準の特定の実施の例のため; 診断バイオセンサー、 LLC は、標準の条件の多数を満たす流体にケイ素インターフェイスを備えているプロトタイプセンサーを発表しました。 ケイ素センサーは流れの平面の接続ポートが長いピンに形成し、薄くなることによってポートが露出されるまで形作られるプラスチックマイクロチャンネルを形成しました。 ポートの間隔を集中させる中心は 0.500 mm のポートの直径です 0.250 mm です。 これらのポートは設計されていた multilaminated 「実験室カード」のの一致ポートに直接合わせることができますまたは管および Luer ロックのコネクターへの流体の接続は作ることができます。 この第 2 オプションのために、 0.254 mm および 0.762 mm の ID そして OD が付いている 2 つか 4 つの Tygon の入口管の束は中心が付いている形成されたプラスチック 「パイプ・アダプタ」を通したセンサーの 「流体インターフェイスハウジング」に、 - - 0.800 mm の中心ピッチ持って来られます。 流体ハウジングは microfluidic カバーの上面の入口のパイプ・アダプタとポート間の液体を運びます。 熱い浮彫りになるプロセス (CAMD - LSU) を使用して形作られる形成されたプラスチックすべてはアクリルまたはポリカーボネートです; 型は CNC によって製粉される打殻薬莱です。 部分は紫外線治療が可能な接着剤との密封によって一緒に結ばれます。

あるために知られている microfluidic 製品で示されるためある技術革新: 流体のコンポーネント、分配し、治る自動化された接着剤のための機械を選び、置いて下さい。

AZoNano.com、 MANCEF.org の著作権をとって下さい

Date Added: Feb 16, 2012 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 09:28

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit