Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Technical Sales Solutions - 5% off any SEM, TEM, FIB or Dual Beam

認可されたやし超解像度の技術のために出されるパテント

Published on December 15, 2009 at 7:37 AM

米国は特許を取り、商標のオフィスは超解像度の写真作動ローカリゼーションの顕微鏡検査 (やし) に関して先生およびハラルド Hess 彼らの発明のための先生にエリック Betzig 3 つのパテント (米国 7,626,694、米国 7,828,695 および米国 7,626,703) を出しました。 友達顕微鏡検査はこれらのパテントによって今保護されます。 Gmbh カールツァイス MicroImaging は 2007 年にやしの分布のための独占的使用許諾を得ました。

顕微鏡検査の技術は少数のナノメーターの空間分解能のサンプルのイメージ投射を可能にします。

発明の基本的アイデアは蛍光染料の分子の希薄なサブセットを一度に生成することです。 これは正確にナノメーターの精密のそれらの個々の蛍光分子の位置を定めることを割り当てます。 従って、連続的に phototransformed 蛍光分子との画像のシリアル獲得は集中させた分子の重ね合わせをすることによって超解決する画像の生成を可能にします。

Gmbh カールツァイス MicroImaging は 2009 年の終わりの方の ELYRA の製品グループの市場進水を始めました。 これは側面解像度の最初の商用化された友達顕微鏡システム ELYRA P.1 をのより少しにより 20 nm 含んでいます。 これは慣習的な光学顕微鏡で高いよりで、やし技術のアプリケーションの非常に広いフィールドとともに、 10 の要因商用化された光学顕微鏡のための新規アプリケーションの潜在性を開発します。

ELYRA PS.1 の顕微鏡システムでは、 PAL- の顕微鏡検査は構成された照明の顕微鏡検査、技術を生成する (SIM)別の超解像度と結合されます。 SIM の技術は 2009 年 10 月のサンフランシスコのカリフォルニア大学から Gmbh カールツァイス MicroImaging によって認可されました。 ELYRA の製品グループの顕微鏡はまたカールツァイスからのレーザーのスキャン顕微鏡 LSM 710 か LSM 780 によって結合することができます。

2008 年 12 月の性質方法書ジェニファー Lippincott-Schwarz 超解像度の顕微鏡検査の技術に細胞生物学の基礎の理解を革命化する潜在性があることを (Vol. 6、第 1)、有名な研究者および Suliana Manley は想像しました。 その間何人かの研究グループは多数の良質の出版物のこの潜在性を示してしまいました。

Last Update: 13. January 2012 07:49

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit