Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanoelectronics

ジョージアの技術のチームは適用範囲が広いプラスチック電子工学の使用のための新しいトランジスターを示します

Published on January 29, 2011 at 4:22 AM

適用範囲が広いプラスチック電子工学を開発する探求では障害の 1 つはずっとそれらのための十分な安定性とまだ流れを維持することが装置に動力を与える必要がある間、いろいろな環境で作用するためにトランジスターを作成しています。

オンラインでジャーナル先端材料で、ジョージアの技術協会からの研究者は bilayer のゲートの絶縁体とトップゲートの有機性フィールド効果のトランジスターを結合する新しい方法を記述します。 これはよい現在のパフォーマンスを表わしている間トランジスターが信じられないい安定性と行うようにします。 さらに、トランジスターは規則的な大気で大量生産し、低温を使用してプラスチック装置によってそれをする意志力それに互換性があるように作成することができます。

ジョージアの技術の研究者は bilayer のゲートの絶縁体が付いているトップゲートの有機性フィールド効果のトランジスターとして知られている適用範囲が広いプラスチック電子工学の使用のための新しいトランジスターを示しました。 トランジスターの特性は良い業績を表わしている間それに信じられないい安定性を与えます。

調査チームはトランジスターパフォーマンスが半導体自体によってだけ異なる、また変更しましたので既存の半導体を使用し、半導体とゲートの誘電体間のインターフェイスのゲートの誘電体を。

「単一の誘電材料を使用してよりもむしろ、その位以前しました、私達は bilayer のゲートの誘電体を発達させました」、 Bernard Kippelen を言いましたディレクターおよびジョージアの技術の電気およびコンピューター工学の学校の有機性 Photonics および電子工学のための中心の教授。

bilayer の誘電体は fluorinated ポリマーの CYTOP および原子層の沈殿によって作成される高k 金属酸化物層として知られているようにされます。 単独で使用されて、各物質に利点および欠点があります。

CYTOP は有機性半導体のインターフェイスで少数の欠陥を形作ると知られていますがまた駆動機構の電圧の増加を必要とする非常に低い比誘電率があります。 高k 金属酸化物は低電圧を使用しましたり、高頻度のインターフェイスの欠陥のためによい安定性がありません。

従って bilayer の 2 つの物質を結合したら何が起こったか、 Kippelen および彼のチームは疑問に思いました。 欠点は互いを取り消しますか。

「私達がし始めたときにテストは、結果思いがけなかったです実験します。 私達はよい安定性を期待していましたが、ない年以上のための移動性の劣化を持っていることのポイントに」、 Kippelen を言いました。

チームは行いましたちょうど見るためにテストの電池を馬小屋が bilayer あったかどのように。 それらは 20,000 回トランジスターを循環させました。 劣化がありませんでした。 それらはの下でそれを通して最大級の流れを実行したところでそれを連続的な biostress テストしました。 劣化がありませんでした。 それらは 5 分の血しょう区域のそれをスタックしました。 まだ劣化がありませんでした。

彼らが見た唯一の時どの劣化でも 1 時間アセトンにそれを落としたときでした。 劣化がありましたが、トランジスターはまだ操作上でした。

誰も Kippelen より驚かされて。

「私は酸素および湿気からそれらを保護するために障壁コーティングとトランジスターを結合しなければ常にならないことを私が考えたので、エア安定したフィールド効果のトランジスターを持っていることの概念に常に質問したありますことが。 私達はこの作業を通して私達自身を間違って証明しました」、 Kippelen を言いました。

「bilayer のゲートの絶縁体を持っていることによって私達に互いのための compenstate」、 Kippelen を説明すること同時に起こるが、効果はそのような物です 2 つの劣化のメカニズムがあります。 「1 つを使用すればそうそれは流れの減少の thereshold の電圧のシフトと一定時間にわたり流れの増加に導く他を使用すれば、原因となります。 しかしそれらを結合すれば、効果は取り消します」。

「これは問題を解決する優雅な方法です。 従って、効果を取除くことを試みてよりもむしろ私達は互いをほめ、その結果あなたに石の馬小屋」。である結果がある 2 つのプロセスを取りました

トランジスターは流れを行ない、無定形のケイ素と、ガラス基板で使用される現在の業界標準で対等な動作しましたり電圧プラスチック基板の機能と一直線に 150°C の下で温度で製造された、である場合もあります。 それはまたそれを製造すること他のトランジスターよりもっと簡単にする規則的な大気で作成することができます。

これらのトランジスターのためのアプリケーションはスマートな包帯、 RFID の札、プラスチック太陽電池、安定した力および適用範囲が広い表面が必要であるスマートカード - 事実上あらゆるアプリケーションのための軽いエミッターを含んでいます。

このペーパーでテストはガラス基板で行われました。 次に、チームは適用範囲が広いプラスチック基板のトランジスターを示すことで計画します。 それからそれらはインクジェット印刷の技術の bilayer のトランジスターを製造する機能をテストします。

ソース: http://www.gatech.edu/

Last Update: 11. January 2012 10:55

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit