OFC、NFOECで特集されるマイクララインから光MEMSのプロセス技術

Published on March 4, 2011 at 4:24 AM

マイクラライン(株)、世界的に有名な、独立系MEMSファウンドリでは、ロサンゼルスコンベンションセンター、ロサンゼルス、カリフォルニア州、2011年光ファイバ通信会議および博覧会(OFC)と国立光ファイバー技術会議(NFOEC)にて展示されるアメリカ、月8-10、2011。

"マイクララインは、今日の柔軟な通信ネットワークにおけるMEMSコンポーネントの出現に重要な貢献をされている"、ナンシー運賃、マイ​​クララインの社長兼CEOは述べています。

"我々は、光モジュールやコンポーネントのさらなる進化を可能にするだけでなく、市場へのお客様の時間を短縮されるコアMEMSプロセス技術に投資している。"

ネットワークの柔軟性、スケーラビリティ、そして低い運用コスト、技術革新と技術の統合のための一定の需要と業界をリードする製品を実現するために重要な要件は次のとおりです。マイクララインは、MEMSの設計を改良し、新しいデバイス開発のための高い成功率を提供するために、既存のプロセス技術を使用して、顧客を支援します。マイクララインは正常にMEMSの波長選択スイッチ(WSS)およびその顧客にとっての可変光減衰器(VOA)デバイスを製造しています。

"コンポーネントのベンダが実証済みのプロセス技術の基盤とMEMSファウンドリパートナー、開発の専門知識、そして挑戦的な増産を満たすために経験をしたい、"コリンTwanow、プログラムマネージャ、光MEMSは述べています。 "MEMSの開発パートナーとしてマイクララインを選択すると、既存の機能に、経験豊富なMEMSのチームが追加されます。"

マイクララインは、ブース#1847年に展示されており、現在は予定をスケジュールしている。

ソース: http://www.micralyne.com/

Last Update: 3. October 2011 17:48

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit