Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

調査は子供を受け取ります Nanomaterials への最も高い露出を明らかにします

Published on February 17, 2012 at 1:29 AM

カメロンシェ著

研究の調査は子供がこれらの nanoparticles を含んでいるキャンデーのより多くの量を食べるので子供の二酸化チタンの nanoparticles への暴露の程度が大人のそれより大いに高いかもしれないことを報告しました。

ポール Westerhoff および彼の同僚が行う調査は量の化粧品までからペンキ食糧まで及ぶ消費財の広いアレイの二酸化チタンの nanoparticles で最初の広範囲データを提供します。 調査の調査結果は環境科学及び技術のアメリカ化学会のジャーナルで報告されました。

Westerhoff はボディが尿および糞便の nanoparticles を排出すること知らせました。 排水処理のプラントはこれらの nanoparticles が川および湖に入ることを防ぐことで十分に効率的ではないです。 前にディケイド行なわれたたった 1 つの調査がそれ少数の二酸化チタンの集中の提供されたデータ商品の番号ありました。 二酸化チタンの nanoparticles への人間の露出についての情報を得るためには、 Westerhoff のチームは接着剤、ペンキ、パーソナルケアの製品および食糧の nanomaterial の内容を測定しました。

チームはアイシング、マシュマロおよびキャンデーのような菓子に nanoparticles のハイレベルがあるので大人と比較されたとき子供が二酸化チタンのより多くの量を消費することを検出しました。 ペーパーは分析された製品および二酸化チタンの内容の名前を報告しました。 Westerhoff は人間へ危険の潜在源、動物および環境であるので調整装置が食糧等級の粒子に工業プロセスおよびペンキで利用される二酸化チタンの nanoparticles から焦点を変更するべきであることを提案します。

ソース: http://www.acs.org

Last Update: 18. February 2012 08:14

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit