Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanoelectronics

新しい測定技術はナノメーター深さの解像度の熱流を厳密に調べます

Published on April 24, 2012 at 2:44 AM

カメロンシェ著

イリノイ大学の研究者は単一原子の層が材料間のインターフェイスを渡る熱の流れを改善するか、または妨げることができることを示しました。 調査の結果は性質材料で現われました。

「原子スケールの処理、イリノイ大学の研究者によって原子の単層が」。インターフェイスを渡る熱流を破壊するか、または高めることができることを示しました

制御の熱交換は燃焼機関および集積回路のパフォーマンスの改善とまた熱電装置のような出現技術の重要な要因です。 一方では、そのような制御を達成することは材料を渡る熱伝導率の不十分な知識によって妨害されます。

デイヴィッド Cahill、イリノイ大学の物質科学そして工学のペーパーそしてまたヘッドの共著者は電気で絶縁体を渡って音量子によって、それを、熱渡ります知らせました。 詳細な理解と対照をなしてライトおよび電気が材料をどのようにの移動するか、研究者の」熱流の理解はまだ不十分です。

この面は温度を正確に定めることの難しさに終わる短いある一定の時間と小型長のスケールで、特に帰因します。 これらは nano およびマイクロ装置の大半が作用する限定です。

Cahill のチームはナノメーター深さの解像度の熱の流れを探索するのに短いレーザーのパルスが使用されている測定方法を開発しました。 ポール Braun イリノイ大学の物質科学そして工学の教授と共に、 Cahill は利得の洞察力に原子スケールの処理が熱の輸送にどのようにの影響を与えるか方法を適用しました。

実験の下で、研究者は最初に分子サンドイッチをアセンブルするために水晶表面の分子の層を沈殿させました。 それから転送印刷の技術によって、薄い金のフィルムはこれらの分子に置かれました。 熱パルスは金の層にそれから適用され、水晶にサンドイッチを渡って移動した熱パルスは断固としたでした。

分子の」変更によって構成は、研究者熱伝達の変更に注意し、強い分子が金の層に付着するかによってこの変更は決まります。 研究者はより強い結合が熱流をかなり高めがちであることを示しました。

研究者は 2 つの材料の中のインターフェイスの単一原子の層を変えることがかなりインターフェイスを渡る熱の流れに影響を与えることができることを示しました。

Cahill はこれらの理論が更に開発される必要がある付け加えました。 最新の技術は界面構造要素が熱流に貢献する程度の計算を援助します。

ソース: http://illinois.edu/

Last Update: 24. April 2012 03:28

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit