Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

研究者は最初ケイ素ベースの予告された単一の光子ソースを開発します

Published on June 30, 2012 at 9:22 AM

G.P. 著トマス

情報処理量の進歩であるために押売りする開発ではサンディエゴのカリフォルニア大学の研究者、国立標準技術研究所 (NIST) およびミラノ、イタリアの Politecnico のディディミアムミラノは、最初のケイ素ベースの予告された単一の光子ソースを示しました。

光子のペア生成 (信用: Srinivasan、 Davanco/NIST)

装置は 0.05 mm 0.5 mm X を測定します。 それは室温で作動する機能のために既存の技術と互換性があります既存の通信システムと一直線に並ぶ 1550 nm の波長の光子を作り出すために。 それはまた標準製造方法を使用してそれが基づくケイ素であるので構築することができます。 予告されたソースは 2 つの他の最近のケイ素ベースの開発と共に完全な量回路、光子の一致を制御するための単一の光子の探知器および干渉計を形作ることができます。

チームは光子がその材料にレーザ光線によって頻度移された光子の別のペアの生成の結果ポンプでくまれるケイ素の光子のペア生成と呼出された既存の技術に調査を基づかせていました。 光子の生成の時を定めることは困難です。 ただし、 1 つの光子の検出は他の光子の存在を発表します。 これは本質的に予告された光子の概念です。 検出される光子は布告者の光子および存在がそれにより推論される光子と呼出されます予告された光子と呼出されます。 装置は単一ソースが十分に明るくないので実用化のまだ準備ができていません。 これは単一チップの対応する補足の要素が付いている多重装置を用いることによって解決できます。 予告されたペアは量子計算の情報蓄積媒体として役立つことができます。

ソース: http://www.nist.gov

Last Update: 12. December 2013 16:50

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit