Posted in | Microscopy

3D 観覧によって高められる新しい X 線の映像技術は Nano の光子の研究進めます

Published on August 16, 2012 at 3:32 AM

意志 Soutter によって

Nanoscale の文書のための Argonne の国立研究所の進められた光子のソースそして中心からの科学者は調査の下でサンプルを傷つけないで材料の表面の 3D 視覚化を組み込む新しい X 線の映像技術を開発しました。

革新的な映像技術はナノテクノロジーおよび生物学の X 線の研究のスコープを拡大し、 X 線の牧草を食べ事件の幾何学の分散によって促進されるレンズおよび 3D 表面の視覚化 sans 凝集性の回折 (CDI)イメージ投射の高リゾリューションの特性の利点の組合せです。

自己組み立てられた nanostructure またはナノテクノロジーによって基づく半導体製品の特性そして有効性を定める原子相互作用は材料の表面かそれ以下で大抵発生します。 以前、科学者はそのような測定の保全の完全な信任が欠けていたか表面の構造および厚さを定めるために模倣されたモデルによって決まらなければなりませんでした。

Argonne の科学者は新しい技術を使用して X 線がサンプル材料を離れて分散する角度の処理によって表面の 3D 観覧を可能にしました。 牧草を食べ事件の幾何学を慣習的な CDI 伝達幾何学の代りに用いて、分散パターンが模倣に依頼しないで三次元画像を生成するのに使用されました。 従来の X 線の映像技術が 3D 画像を作り出すことができるけれども、画像の解像度は粗末であり、 X 線の強度はサンプルを傷つけることができます。

新しい技術は短いちょうど 1 つの X 線が画像を形作るように要求するのでそれに生物的サンプルの分析のための好ましく、非破壊的な技術をします。 新しい技術のもう一つの主な利点は X 線がサンプルのかすめる角度に事件なら CDI を使用してイメージ投射のスコープが nanoscale からミリメートルのスケールに増加することができることです。 この一義的な技術は研究者が装置レベルで動作に原子か分子レベルで動作を拡張することを可能にします。

ソース: http://www.anl.gov/

Last Update: 16. August 2012 04:30

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit