Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

研究および市場はリチウム電池の技術のレポートの前進のアベイラビリティを発表します

Published on January 17, 2009 at 6:10 PM

研究および市場は供物に 「第 4 年次リチウム移動式力 2008 年 - 移動式アプリケーション会議ドキュメンテーションのためのリチウム電池の技術の前進」レポートの付加を発表しました。

リリースでは、レポートのハイライトが下記のものを含んでいると研究および市場は言いました:

ドキュメンテーションの目次

李イオン電池ラーフ J. Brodd、 PhD の、大統領ネバダの Broddarp の変更フィールド。 1991 年に導入以来、リチウムイオン (李イオン) 電池は研究、開発および生産のダイナミックなフィールドを構成しました。 それは新しい化学ベースとのそれ自身を改革すること、また携帯用ツールおよび電気自動車に動力を与えるための新市場を開発することの過程において現在あります。 議論は新しい電極材料およびセル構築、また市場の方向の検討を含んでいます。 単独で電気自動車のための市場は 2015 年までに技術および市場を支配します。 最後に、安全は李イオン電池の成功のためのある特定の品質として受け入れられなければなりません。 それらの出荷の制限そして理由は論議されます。

陽極/カーボン/ナノテクノロジー

移動式アプリケーション Rachid Yazami、 PhD のディレクター、電気化学のエネルギー論、カリフォルニア工科大学のための材料の CNRS CalTech の国際的な実験室のための再充電可能なリチウム電池対一次ほとんどの一次リチウム電池に再充電可能なリチウムイオン電池より高エネルギーの密度そして長い保存性があります。 実際は金属リチウム陽極に充電電池であらゆる陽極材料と比較される最も高い特定の容量および最も低い操作電圧があります。 多くのアプリケーションは電池を満たすことを必要としません; その代りそれらは電力源の即刻の準備を必要とします。 出力密度は充電電池が主な利点を予備選挙と比較されて見つけるところにです。 物質科学は nanostructured 材料の使用によって速い動力学の陰極材料を、特に設計する機会をますます提供します。 最近私達は開始材料としてカーボン multiwalled nanotubes を使用して fluorinated カーボン材料の新しい系列を開発してしまいました。 制御された fluorination の収穫および陰極工学の組合せは一次リチウムセルを再充電可能なリチウム電池の操作の限界を越えてある 100C 高いレートで排出し、 -60 の摂氏温度と 160 の摂氏温度間の温度で作動させることを可能にしました。

リチウムイオン電池ブライアン J. Landi、 PhD の研究の科学者、 NanoPower の研究所、持続性のための Golisano の協会、カーボン nanotubes ロチェスターの技術協会のためのカーボン Nanotubes の見通しは (CNTs)伝導性に (電気および熱)、 nanoscale の気孔率と陽極としてリチウムイオン記憶のための候補者材料よるリチウムイオン電池の使用です。 つなぎまたは金属ホイルの基板の CNT の電極のペーパー独立を製造する機能は 10x までによって使用可能な陽極特定の容量を高めることができます。 どちらかの電極の伝導性の添加物または核分裂物質サポートとして電池への CNTs を組み込むことの潜在的な役割はまた論議されます。

超高度のエネルギー密度 (PLEs)電池のためのユニバーサル陽極として保護されたリチウム電極および薬剤の投射手段スティーブン J. Visco、 PhD の研究、国内 PolyPlus 電池の会社および化石燃料からの回復可能なエネルギー源にシフトに焦点を合わせる国際的なプログラムの副大統領高度電池化学のための必要性を強調します。 李イオン電池の導入は 1990年代初期にエネルギー蓄積の大きな進展でが、まだ差込式のハイブリッドか全電気手段の技術によって課された要求に応じません。 エネルギー密度の 2 か 3 の倍数を達成するためには、新しい電池の技術は開発される必要があります。 保護されたリチウム電極の発明は (PLE)再充電可能な Li/Air を含む超高度のエネルギー密度化学の調査を、非常に、薬剤の投射手段の開発可能にし。 と共同して: E. Nimon、 B. Katz、 M。 - Y。儲、および Lutgard C. De Jonghe

高性能李イオン電池 Kiyotaka Yasuda、総務部長、 SILX ののための高度のケイ素の陽極技術はシステム・プロジェクトのチーム、団体の技術センター、 Mitsui 鉱山及び製錬、日本 Mitsui ケイ素ベース電極 (SILX) および十分なサイクル寿命と共に高容量を持っているリチウムイオン電池に使用するシステムの新しいプラットホームの技術を開発しました。 SILX に電解物を取り扱い、また体積変化率を料金の間に取り除き、循環を排出するために適切な内部スペースが付いているケイ素そして銅で構成されるネットワーク構造があります。 この技術の最も有利な特性はアドレス・キーが HEV および EV アプリケーションで挑戦する低温にレートパフォーマンス、特にです。

高い発電のリチウムイオン電池 Bharat S. Chahar、 PhD の PE、プロダクトマネージャー、 CPreme のエネルギー蓄積材料、 50 年間の付加価値カーボン、 ConocoPhillips に重い炭化水素を変換することの経験に基づいて ConocoPhillips の会社のための熱的に安定した陽極グラファイトの開発は高性能李イオン電池 (解放) のための CPreme のグラファイトの陽極材料を開発しました。 これらの材料は自動車および他の強力なアプリケーションの解放の挑戦の必要性に対応するためにとりわけ開発されました。 顧客および他のサード・パーティの実験室による広範な評価は CPreme のグラファイトが力、エネルギー容量、長いサイクル寿命および安全の組合せを提供することを示します。 この提示は CPreme のグラファイトの作成で使用された技術のプラットホームの後ろの細部を提供します。 CPreme のグラファイトがどのようにの解放の製造業者が未来の自動車の困難な条件を満たすのを助けることができるか例は論議されます。

Last Update: 14. January 2012 09:38

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit