Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Lab on a Chip | Nanoanalysis

マラリアの調査のために発達するチップ装置の実験室

Published on March 1, 2012 at 4:45 AM

カメロンシェ著

ブリティッシュ・コロンビア (UBC) の大学からの研究者はマラリアの調査のための正確な、単純なデバイスを作成しました。

マラリアはカを通って広がる寄生伝染です。 伝染は Plasmodium の falciparum、人間の赤血球を感染させる共通のマラリアの寄生虫の 1 によって (RBCs)引き起こされます。

通常、 RBCs によって酸素は人体のティッシュに渡されます。 酸素を運ぶより小さい毛管への RBCs の南瓜。 この能力は生命の維持に必要不可欠な重要な器官の障害および最終的に死に終る血の流れの中断の、原因となるかもしれない感染させた RBCs で失われます。

Hongshen Ma および彼のグループは寄生虫による RBCs で行われる変化を知るために 「チップの実験室」装置を発達させました。

microfluidic 装置は 50x25 cm を測定します。 RBCs は漏斗型の圧縮のシーケンスによるこの装置によって変形します。 セルの醜状は圧縮によって RBCs を運転するのに必要とされる圧力の測定によって計算されます。

この測定が科学者が患者の病気の状態および処置の応答を知るのを助けると UBC の機械工学そして urologic 科学の部門で助教授とバンクーバーの前立腺の中心の年長の研究の科学者として役立つ Hongshen Ma は言いました。 薬物対抗性マラリアの処置のためのさまざまな薬剤の効率はこの装置の使用によって評価することができます。

結果は伝染のさまざまな段階で堅くなる RBCs が正確に測定することができることを示します。

観察はチップのジャーナル実験室で出版されました。

ソース: http://www.ubc.ca/

Last Update: 1. March 2012 19:47

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit