Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Lab on a Chip | Nanofluidics

Microfluidic 新しいチップは RNA の検出のための超小さいサンプルの急速な分析を可能にします

Published on November 8, 2012 at 3:25 AM

RIKEN によって進められる科学の協会で研究者が開発する新しいパワーなしの microfluidic チップは (ASI) 20 分だけの非常に小さいサンプルボリュームからの microRNA の検出を可能にします。 徹底的に検出に必要なサンプルをの時そして量減らすことによってチップは癌および Alzheimer のような病気の早段階のポイントの心配の診断の土台を築きます。

新しいパワーなしの RNA の検出のマイクロチップ。 左: 製造されたマイクロチップ。 権利: マイクロチャンネルデザイン。

MicroRNAs (miRNAs) は小さいです、開発、細胞増殖、微分および細胞死 (apoptosis) を含む生物学的過程の広い範囲の遺伝子発現を調整する非コーディングの RNA の分子。 体液のある特定の miRNA の集中はこれらの短い RNA が鍵をより速く握るかもしれないという希望を生成する癌および Alzheimer のような病気の進行とより正確な診断増加します。 しかし敏感な miRNA の検出のための現在利用できる技術は診断に達し、それらを使用のために実際的でなく多くの場合させているトレインされた人員がだけ作動させる装置を含むように幾日が要求します。

調査チームは非常に小さいサンプルだけからの速く、使いやすいポイントの心配の診断を可能にする (POC)装置を発達させることによってこれらの障害を克服するために着手しました。 より早い研究では、チームは polydimethylsiloxane (PDMS) を使用するマイクロチップ、分析のための捕獲のプローブに試薬を引っ張るために空気吸収の特性のために知られていたシリコーン混合物の形で装置を発達させました。 このポンプ技術は外部電力ソースのための必要性の除去によってデザインを簡素化しましたが、装置は実用化のために大きい量のサンプルを余りに必要としました。

新しい装置はまた空気ポンプとして PDMS を使用しますが、シグナルの拡大の方法によって呼出される薄層の流れ助けられた樹木状の拡大によって徹底的に方法の感度を改善します (LFDA)。 最初に、特定の miRNA シーケンスと結ぶ DNA のフラグメントは分析され、次にそれのチャネルとの PDMS の層の下で挟まる miRNA のサンプルと共にガラス表面に固定されます (図 1)。 真空の空気の空けられて、 PDMS の層は拡大の試薬を引っ張るチャネルの入口で、チャネルにそして一定時間にわたり育て、すぐに検出することができる蛍光性分類された樹木状の構造を作成する miRNA が付いている接触に挿入されるポンプ効果を誘導します。

この技術の感度は 0.25 の attomoles だけ (10-18 モル) に徹底的に診断、チームの以前のモデル上の千フォールドの改善に必要なサンプル量を減らします。 20 分だけの探知時間とともに、これらの特性は資源が乏しい環境の使用、発展途上国のそして世界中の何百万のための有望な携帯用ポイントの心配の診断のための自己動力装置理想を作ります。

ソース: http://www.riken.jp

Last Update: 8. November 2012 04:44

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit