有機性電子工学の高度の研究所に選ばれる EV のグループマスクのアライナ

Published on March 12, 2008 at 1:00 PM

技術研究の会社の NanoTecCenter オーストリアの Weiz Forschungsgesellschaft の mbH (NTC Weiz) が有機性/プラスチック電子工学に焦点を合わせる新しい R & D 機能のインストールのための EVG620 精密アラインメントシステムを購入したことを EV のグループ (EVG)、 MEMS のナノテクノロジーおよび半導体の市場のためのウエファーの結合および石版印刷装置の一流の製造者は、今日発表しました。  NTC Weiz は高度アプリケーションのための上塗を施してある有機性基板を一直線に並べ、露出するのに EVG620 システムを使用します。  ヨーロッパリサーチが付いている会社のタイを増強している間この購入、 EV のグループからの NTC Weiz 第 1 は、 EVG に半導体およびより広い電子工学の市場の後の開発へのそれ以上のアクセスを与えます。

教授 NTC Weiz の科学的な専務理事に従ってエミル List、 「私達の新しい R & D のクリーンルームは電子産業の最も成長が著しい領域の次世代の有機性半導体の技術1、および範例転移の製品をもたらすための最も大きい潜在性との 1 つに焦点を合わせます。  良質の結果を保障するためには、私達はこの復帰改行文字のための最新式装置を必要とします。  革新的なけれども信頼できるシステムおよび解決のための EVG の評判とともに私達の競争の評価は、彼らが私達の最新の研究の投機のための理想的なパートナー」。であること私達を確信させました

その高いスループット、ツールの柔軟性およびモジューラ設計は世界中でカスタマ・サイトで EV のグループのインストールの重要な番号を用いる最も普及したマスクのアライナの EVG620 1 を、作りました。  精密アラインメントシステムはまた小さいチップサイズの部分からの 6 インチ (150 の mm) のウエファーにスタンプそして基板との押印プロセスを可能にします。  EVG の柔らかさおよび堅いスタンプを両方サポートする専有チャックデザインは高い収穫、大き領域の印刷に均一接触力を提供します。  ナノテクノロジーアプリケーションのための構成はプログラム可能な高低の接触力、また in-situ 良いアラインメントに加えてスタンプのためのリリースメカニズムが含まれることができます。

「ナノテクノロジー競技場の研究活動の運転とチャーターされる一流 R & D の組織として最大利点に私達の EVG620 マスクのアライナを利用するために NTC Weiz はよく置かれます」 Alois Malzer、 EVG のマスクのアライナのためのプロダクトマネージャーを言いました。  「システム自在性および extendibility いろいろなアプリケーションのための使用を可能にし、私達は NTC Weiz の有機性半導体技術の研究開発の努力の可能になる役割を担うことを楽しみにしています」。は

Last Update: 14. January 2012 20:32

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit