カールツァイスはカルルスルーエの開始 Nanoscribe を得ます

Published on October 2, 2008 at 11:30 AM

Oberkochen ベースの光学会社カールツァイスはカルルスルーエ起動の Nanoscribe のおよそ Gmbh 40% 得ました。

カルルスルーエおよびカルルスルーエの研究所の大学に応用物理のための協会に教授先生のマーティン Wegener ワークグループから 2007 年 12 月に現れた新設会社は nanostructuring 3D のために直接極めて革新的なレーザーを書きますプロシージャを発達させました。 投資に加えて、カールツァイスはまたノウーハウを提供しています。

「カールツァイス新しい道を会社の創設の初期で若い研究者および企業家を財政上だけサポートすることによってたどって行っていますが、また対応する私達の知識および技術と」、は先生を説明しますミハエル Kaschke のカールのツァイス AG の執行委員会のメンバー。 同時に、これは開拓の技術の会社の介入を保障します。

Nanoscribe はマイクロ 3D の製造のためのコンパクトで急速なプロトタイピングレーザーの石版印刷システムを開発し、作り出し、写真の nano 構造は抵抗します。 3D レーザーの石版印刷の静かで若い訓練はマイクロおよび nano photonics、生命科学、人間工学と microfluidics で適用されます。

マーティン Hermatschweiler、創設者そして常務取締役の者は、コメントします: 「Nanoscribe に光学技術のアプリケーションの新しいフィールドを開発する潜在性があります。 カールツァイスとのパートナーシップはです途中でマイルストーン」。

カールツァイスは 2007 年以来の会社と働きました。 それは 6 月の終わりに最初システムを提供しました。 マーティン Wegener、開始の創設者そして科学的なコンサルタントの者教授は、 2006 年のカールツァイスの研究賞を受け取りました。

Last Update: 14. January 2012 14:53

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit