リチウム空気電池のために触媒サポートとして使用するために適する Pyrograf のスタックコップカーボン Nanotubes

応用科学株式会社からの研究者はリチウム空気電池の空気電極のための触媒サポートとして役立つ、先端材料の各国指導者 Pyrograf III のスタックコップカーボン nanotubes の機能を示しました。 予備データは空気電極が二次リチウム空気電池の生産を可能にすることができるように金属酸化物が塗られるカーボン nanotubes が可逆動作を提供していることを示します。

応用科学は目指す防衛システムの使用のための軍隊段階 I SBIR プログラムの下でこの技術を探索しま高エネルギーの密度の充電電池の次世代を開発します。

プロジェクト記述

無声腕時計、兵士力、無人の手段、通信設備および指示されたエネルギー武器のような多くの防衛システムはこれらのシステムに頼る代表団の持続期間そして機能を限定する携帯用力を必要とします。 従って国防省によっては代表団の持続期間および機能を拡張するように高エネルギーの密度のエネルギー蓄積装置が努めています。 現在利用できるすべての電池の技術のリチウム空気化学に頼る電池に高エネルギーの密度があります。 ただし、リチウム空気電池パフォーマンスは陰極の金属リチウム陽極そして劣った実行の問題によって限定されます。

応用科学、株式会社はガス拡散の電極で浸透する急速な酸素交換触媒が付いている肯定的な電極の使用によってこれらの問題を克服することを提案します。 肯定的な電極の触媒は O-O の結合分割および速い酸素交換のための高い作業の転移金属の酸化物です。 提案された陰極が practive に減れば、提案された陰極との高容量の陽極の組合せが 1000 Ah/kg の特定のエネルギー密度を超過すること比較的低価格で、予想されます。

潜在的なアプリケーション

エネルギー密度の充電電池の開発は高のより既存の電池の技術一桁劇的に無声腕時計を含む多数の軍用システムの代表団の機能を、センサー、兵士力、 UAVs および UUVs、監視、器械使用、通信設備、衛星および指示されたエネルギー武器高めます。 高度電池の技術のための商用アプリケーションは動力工具の、ハイブリッドおよび全電気手段を含んでいます。

応用科学について、株式会社。
応用科学、株式会社は (ASI) Cedarville、先端材料およびアプリケーションを専門にするオハイオ州にある各国用に認識された研究開発株式会社です。 1984 の応用科学で組み込まれて NASA を含むいろいろな資金源からの開発事業の豊富な歴史を、軍隊、海軍、空軍、 NIST および EPA、また随意契約持っています。

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit