調査の増加する量の主題になる Nanobubbles

最初の懐疑論にもかかわらず、存在の受諾および nanobubbles の特別な特性は今育って、形成および特性は今日本の調査の増加する量の主題に、特になっています。 NanoSight は調査のための選択方式であると証明します。

ガスがマイクロ秒内の nanobubbles の」絞られる ` べきであることをそのような小型の泡および湾曲およびこうして高い表面張力の慣習的な計算の半径の内の仮定された非常に高圧が原因で示して下さい。 ただしそのような泡が自由に形作り、拡張期限の安定している残ることができる良い状態の下でことは、今明確時々多くの月です。 ちょうどそのような構造がとても安定しているかなぜ説明はに関するヘルプが塩の前でだけ外見上形作る要求を説明する nanobubbles で層を形作る反イオンの役割に浮上します焦点を合わせています。

電解物の前でそして正しく物理的な刺激と、安定した nanobubbles が慣習的な microbubbles から形作ることができることを Kaneo 千葉および日本の有名な AIST の研究所の Masayoshi Takahashi は示しました。 後者はどちらかに浮かぶか、またはポイントに強い表面によって張力得られる圧力の下で理論によって予測されるように倒れる消失する大きい浮揚性の泡に合体しがちです。 しかし塩 (電解物) の付加により、 nanobubbles のまわりで拡散する効果的に nanobubbles 内のガスの機能を妨げる反イオンスクリーンの形成を引き起こすと考えられます。 これは nanobubbles のゼータの潜在性が nanobubbles の安定性と関連しているために示されていた電気泳動の調査によって確認されました。

なお、ウィリアム Drucker メルボルンの大学の教授はまた、多分崩壊への安定性そして抵抗を説明することをそのような nanobubbles 内のガスの圧力が大気よりかなり高くないこと示すのに赤外線分光学を使用しました。

そこに広い範囲 nanobubbles の提案されたアプリケーションのあり、使用法の興味は急速に育っています。 安定するオゾンおよび電解物から形作られたとき消毒および殺菌は食糧の保存と魅力的な選択枝として塩素によって基づく方法に医学アプリケーションの大きい潜在性の多くの月の間可能です。

酸素の nanobubbles はラットの大動脈のセルラインの cytokine の刺激によって誘導される mRNA の表現の阻止によって動脈硬化の防止で関係しました。

毛管の液体で形作られたとき液体の流量特性を非常に改善するために、 nanobubbles は示されていました。 それらはまたスキャン技術の対照のエージェント、またケイ素の製造工程の洗浄剤として提案されました。

最後に、薬剤配達アプリケーションの新しいフィールドは実行中にどの nanobubbles がこの非常に秘密主義の (従って重要か。) フィールドので実行中の役割をしかし詳しく述べる来にくい果すか研究されて。 ただし血流に注入されてと、 Reuters で報告されて、生物工学の部ユタ州立大学の Natalya Rapoport は化学療法の薬剤の doxorubicin が付いている nanobubbles を探し出し、癌の腫瘍を集まります使用しています。 「これらの nanobubbles 正常な血管を突き通しませんが、腫瘍の血管を突き通します」、は調査が国立癌研究所のジャーナルで書かれている Rapoport を言いました。 一度腫瘍で、 nanobubbles はより大きい 「microbubbles を形作るために結合します」超音波で見ることができます。 「これらの泡が集まるとき、私は腫瘍にそれらを吹くために強い超音波の放射を与えます」と彼女は電話インタビューで言いました。 「それから薬剤は腫瘍のサイトでこれらの泡から局部的に出ます」。

マウスでは、 nanobubbles は他の nanoparticle 配達方法より腫瘍の成長の妨害で有効でした。

前の調査では、水素の nanobubbles の形成が水素分の電気分解の状態の影響および水素の nanobubbles の直径の分布と関連していたことを Kikuchi 等 (2001 年) は示しました。 彼らはダイナミックな光散乱によって nanobubbles を分析しました (DLS)。 ただし、日本の主要な薬品会社による水の nanobubbles の形成そして性格描写の最近の調査で、 nanobubbles の機械的に形作られた中断の nanobubbles の集中は非常に低い見つけられました (<107>

最近のプロジェクトでは、 Ohu 大学、日本の Ichiro Otsuka (2008 年) は succussion の現象が関連したに考慮される活動中のエージェントの超高度の薄くされたサンプルに於いての nanobubbles の可能な役割を調査しました。 彼は electrozone (犂刃) 方法か慣習的な DLS を使用して可能だったより nanobubbles の形成および集中をより詳しく検査するのに NanoSight の技術を使用しました。

Kenji Kikuchi、弘子武田、ビアトリス Rabolt、 Takuji Okaya、 Zempachi Ogumi、 Yasuhiro Saihara および Hiroyuki Noguchi の (analkali イオン水 electrolyzer、 Electroanalytical 化学、 p1-6 のジャーナルからのアルカリ水の 2001 年の) 水素の粒子そして過飽和

0.1 M Na2CO3 の解決、 Proc の O2 nanobubbles に対する 1:2 の水様の希薄の Ichiro Otsuka の (2008 年の) 効果電気化学、 2008 年 9 月 7 日から 12 日、セヴィル、スペインの国際的な社会の第 59 年次総会; s10-P-062、 p139

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit