第 2 光通信の光共振器 - 半導体の飽和できる吸収物ミラー (SESAM) への現在の研究

カバーされるトピック

半導体の Quantum の点を使用して飽和できる吸収物ミラー (SESAMs) および SESAMs のためのアプリケーション領域の調査

短く、長波長の半導体を作るためのプロセスガリウムベースの材料を使用して飽和できる吸収物ミラー (SESAMs)

建物の半導体のモードロックを達成するレーザーシステムへの飽和できる吸収物ミラー (SESAMs)

半導体の Quantum の点を使用して飽和できる吸収物ミラー (SESAMs) および SESAMs のためのアプリケーション領域の調査

私達の研究の計画は超短い光学パルスアプリケーションを生成するための量の井戸か量の点 (ナノメーターのスケールのサイズ) を使用して半導体の飽和できる吸収物ミラー (SESAMs) を、調査し、発達させることです。 SESAMs は受動的に超短い光学パルスを生成するためにレーザーをモードロックするための新しいコンポーネントです。 SESAMs に物理学、化学、生物学、薬で多くのアプリケーションがありま、光通信、等マイクロ機械で造ります。 この研究活動は装置および関連材料のデザイン、製造および性格描写を含んでいます。

短く、長波長の半導体を作るためのプロセスガリウムベースの材料を使用して飽和できる吸収物ミラー (SESAMs)

私達の焦点は 400 頃 - 430 nm および 1 - 1.55 の µm の波長範囲動作する SESAMs にあります。 私達は金属有機性化学薬品蒸気沈殿を使用して GaN および GaInN の量の井戸 (MOCVD)を使用して短波の (およそ 410 nm) SESAMs を、作るために関連材料を育てます。 私達はまた GaInAsN の文書を調査し、分子線の expitaxy 結晶成長方法を使用して長波長 (1 - 1.55 µm) のための GaInAsN の量の井戸 (MBE) SESAMs を、製造します。 GaInAs の量の点を使用して SESAMs はまた研究されます。

建物の半導体のモードロックを達成するレーザーシステムへの飽和できる吸収物ミラー (SESAMs)

私達は成長の状態を最適化しましたり、さまざまな性格描写の技術によって物質的な特性を調査しましたり、構造のための異なったデザインの装置構造そしてテストを設計します。 装置製造が完全だった後、フェムト秒の超短い光学パルスにピコ秒を作り出すモードロックを達成するために、装置はレーザーシステムに構築されます。

ソース: NUS Nanoscience およびナノテクノロジーのイニシアチブ、シンガポール (NUS) の各国用大学。

このソースのより多くの情報のために NUS Nanoscience およびナノテクノロジーのイニシアチブを訪問して下さい。

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit