カーボンコア高解像度(CCHR)AFMプローブカーボンデザインの革新から

カーボンコア高解像度(CCHR)AFMプローブカーボンデザインの革新から

カーボンデザインイノベーション"(C | D | I)炭素核の高分解能プローブ(CCHR)原子間力顕微鏡(AFM) 、さらにCNTプローブの結果に処理し、特許技術で安定化されたコアのカーボンナノチューブ(CNT)で始まる最大解像度、画像の寿命と安定性を持つ。

CCHR高解像度のCNTのAFMプローブは、計測および材料科学のアプリケーションで詳細な画像のために設計されています。標準的なCNTプローブの長さは、露出したCNT先端<200 nmの、500nmである。

カーボンナノチューブ(CNT)プローブは、従来のシリコンのプローブより堅牢な材料特性を提供することができます。 CNTプローブは脆いものではなく、イメージングの寿命より長い10倍よりも大きいを可能にするシリコンのプローブとして、急速にダウンして着用しないでください。 CCHRのプローブは、真の多層カーボンナノチューブ(MWCNT)、しっかりとマウントされて、完全な直線、および結像面の法線を持っている。 C | D |私はプローブは非常にタフであることを確認するために、そのプローブにMWCNTsを使用する。 C | D |私の独自のプロセスが安全にCNTがしっかりとマウントされるように、ベースの添付ファイルをカンチレバーにCNTを添付して再適用する。 C | D | I技術は、CNTの先端とシリコンカンチレバーの安定性と親しみやすさのすべての利点を持つプローブの製造が可能。

メリット

  • 安定化、標準カンチレバー上に強固なCNTプローブ
  • シリコンカンチレバーの利便性と高解像度のCNTの先端
  • 長い寿命は、ユーザーは解像度を損なうことなく、同じプローブを用いて試料を比較できます
  • 減少破損、摩耗とコンタミネーション
  • 正確な長さ、直径と角度は、一貫性のあるプローブ対プローブの結果を提供

機能

  • CNTの直径<40nmの
  • 全体的なCNTの長さ:<500nmの、露出CNTの長さ:<200nmの、
  • 独自の安定化コーティング
  • イメージングの寿命> 10Xシリコンプローブのその
  • は12kHzと70kHzのカンチレバーのCCHRのカンチレバーの特性と利用できる
  • 曲率半径<10nm以下
  • アスペクト比> 100:1
  • 角変位<2 º
  • 利用可能な可変ばね定数

Last Update: 21. October 2011 03:40

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask the manufacturer of this equipment or can you provide feedback regarding your use of this equipment?

Leave your feedback
Submit
Other Equipment by this Supplier